カナダの冬に必須のコートとブーツ

寒くなってきました。

僕は基本的に自転車通学なので、寒くなるのは嫌です。

僕が留学していたカナダのアルバータ州エドモントンは想像以上に寒かったです。

しかし、防寒さえしっかりしていればカナダの冬ほど綺麗で楽しいものはないと言えるほど、僕は冬を楽しむことができました。

今回の記事では、防寒に役立ったアイテムについて紹介していきます。

※この記事は2018年11月11日に加筆、修正を行っています。

想像を以上の寒さ

僕がエドモントン国際空港についたのは1月3日の午後7時ごろでした。

その時の気温は-17℃でした。

日本に住んでいた頃から寒いことはもちろん知っていましたが、-20℃でも冷凍庫くらいだから大丈夫だろうと勝手に思っていました。

僕は日本でそこまで寒い場所に住んだ経験がないので、-20℃にもなると外に出るのが億劫になりました。

自分の経験した最低気温は確か-27℃だったと思います。

-27℃はしっかり防寒していないと命の危機を感じます。

役に立った防寒アイテム

僕が役に立ったと思うアイテムは以下の3点です。

THE NORTH FACEのブーツ

THE NORTH FACEの手袋

THE NORTH FACEのダウンジャケット

これらのアイテムを装備しているとこたつを体にくっつけてるくらい暖かかったです。

特にダウンジャケットがあればあとはTシャツ一枚でも何とかなると思います。

持って行く時はすごくかさばって邪魔だったのでカナダに行く人は向こうで買うか送ってもらう方がいいと思います。

カナダについた初日はダウンジャケットのチャックを全開にしてたので凍えそうでしたが締めればどれほど寒くても耐えることができます。多分。

カナダの冬は面白い

僕は、2月の頭ごろにバンフという場所に友人と旅行に行きました。

バンフは山の上にありその時期はいつも大雪が降っていたのですが、オーストラリア人の友人は何故かジャケットを持ってきていなかったのでホテルにあった毛布を体に巻きつけて出かけていました。

側から見るとなかなか面白い格好だったのですが、彼は何も気にせずに堂々と楽しんでいました。

カナダの冬は本当に寒かったのですが、僕はよくルームメートや友人と寮の近くにあったTim Hortonsというカフェまで出かけていました。

そこでココアやコーヒーを飲みながら色々な話ができました。

友人と寒い寒いと言いながら散歩をしたり、カフェでココアを飲みながら話したりと今でも忘れることのできないいい思い出です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です