月別アーカイブ: 2017年12月

スピーキング力を上げるためにプレゼンテーションが効く3つの理由 

僕は9ヶ月間、カナダの大学に留学していましたがプレゼンテーションをする機会が多かったです。

英語の授業では、1週間に1回プレゼンテーションをしました。

テストと同じくらいプレゼンテーションが重要だったので、かなり苦しめられました笑

プレゼンテーションを大量にこなしたことが自分のスピーキング力を向上させるために大きく役立ったと今では思います。

この記事では、その理由を3つまとめて見ました。 続きを読む

突然低い声で英語を話し始めた韓国人のルームメート

僕はカナダでは、大学の寮に住んでいました。

計5人のルームメートと共同生活をしたのですが、全員日本語が話せない外国人だったのでスピーキング力は彼らと生活する中でかなり鍛えられました。

今回の記事では、以前の記事で書いた韓国人ルームメートとは別の韓国人ルームメートを紹介していきます。 続きを読む

カナダ留学中に勉強するモチベーションが上がった2つの出来事

カナダへの留学中は様々なことが起こりました。

その中で勉強をするモチベーションが上がる出来事がいくつかありました。

この記事では、そのうちの2つを紹介していきます。 続きを読む

英語が聞き取れるようになる2つの英語勉強法

カナダで初めてパーティーに行ったとき、英語を使いこなす留学生たちに出会いました。

そのパーティーで、英語が下手くそだった僕の話を嫌な顔もせず真剣に聞いてくれたノルウェー人留学生がいました。

僕は、初め彼女がノルウェー人だと知らず勝手にネイティブスピーカーだと思っていました。

彼女は、僕と同じ寮に住んでいたということもありすごく仲良くなることができました。

彼女にもどうやって英語を勉強したのか教えてもらったのでここで紹介していきます。
続きを読む

TOEFLで100点を取る英語勉強法|徹底的な暗記とライティング練習

僕のルームメートの一人は一言でいえば超ストイックでした。

彼は、ヨンセ大学という韓国の私立大学で最も入学が難しい大学からの留学生でした。(韓国人の友人が言っていました)

彼は毎日図書館で午後9時ごろまで勉強し、家に帰ってからも部屋にこもって勉強。僕が他のルームメートとパーティーに行っている間も勉強していました。

(彼は真面目でストイックでしたが、なぜかよく僕にゆでたジャガイモや玉子の黄身をくれました。あと、話をするときは鼻と鼻がくっつきそうなくらいの至近距離で話されたので、最初は困惑しました。笑彼なりの愛情表現だったのかもしれません)

彼は、カナダの大学に来る前に受けたTOEFLで120点満点中100点を取ったそうです。それまで海外で英語を勉強した経験はなく、韓国にいながらにしてそのスコアをとったことには驚きです。

今回の記事では、彼が教えてくれた留学をせずにTOEFLで100点をとった勉強方法を紹介します。

※この記事は、2018年7月27日に加筆、修正を行っています。

ルームメートのTOEFL勉強法

単語帳を完璧に暗記する

まず彼が教えてくれたことは、単語帳を完璧に暗記するということです。

TOEFL対策用の単語帳に乗っている約4000語の単語を、見た瞬間に意味が分かるようになるまで徹底的に暗記したそうです。

単語を覚える方法は、日本でもお馴染みの赤シートを使って完璧に覚えるまで何度も何度も反復すると言っていました。

彼は、受験生の時から単語や文法を勉強するとき、それが使われている例文も同時に暗記していたそうです。

フレーズ集の暗記

単語の暗記だけではなく、フレーズ集の暗記も効果的だと話していました。

カナダに来てからは、ネイティブスピーカーが使う表現が乗ったフレーズ集の暗記をしていました。

スラングも載っているフレーズ集で覚えた表現を使っていたようなので、たまに僕が聞いたことのない難しい表現を使っていました。(その度に意味を確認していたのでいい勉強になりました)

一度、そのフレーズ集を見せてもらいましたが、何度も繰り返し使っているからかボロボロになっていたことをよく覚えています。

TOEFLのスピーキングテスト対策として、決まった型を暗記しそれを使って話す練習を繰り返したと話していました。

ライティング力を徹底的に高める

単語の暗記に加えて印象的だったことはライティングの徹底的な練習です。

彼はスピーキングはネイティブスピーカーに勝てないが、ライティングなら勝てかもしれないと言っていました。

ライティング力を徹底的に鍛えるためにTOEFLの問題集に乗っているライティング問題を何度も何度も繰り返し解いて練習したそうです。

問題集の答えに乗っているような高度な表現も意味を理解するだけではなく、実際に違うライティング問題を解いたときに使いながら覚えたそうです。

単語帳やフレーズ集で覚えた新しい表現もライティング練習の時に使って定着させていったと話していました。

初めは、そこまで難しい表現を使って英語を書くことができなくても、繰り返し練習することで表現はより多様になります。

スピーキングに自信が持てないからフレーズの暗記をする

余談ですが、彼はそれだけ試験で高得点を取っても、スピーキングには自信がないと言っていました。(パーティーにも全く行かなかったのでなんとなく英語を話すことを避けていたようにも感じました。)

自分が使う表現がおかしくないかどうか気になるので、フレーズ集に乗っている表現を暗記して使うようにしていると話していました。

僕はルームメートだったのでよく彼と話をしましたが英語が下手だとは思わず、むしろ留学なしであそこまで話せる事に単純に感心しましたが。

まとめ

彼の英語の勉強方法は、基本的に暗記が中心で一人でできるものです。まだ英語に自信を持てない人や、受験勉強に慣れた人にはオススメの方法です。

彼の、フレーズ集を見て分かりましたが、中途半端ではなく完璧に英単語を覚えることが英語力を飛躍的に向上させるために必要なことです。

TOEFLなどの英語試験で高得点を取るために、単語帳がボロボロになるくらい暗記を繰り返して、覚えた単語を使いこなせるようになることは、非常に効率的です。

 

フィンランド人ルームメートの英語がペラペラになる勉強法

今回の記事では、このブログにたびたび登場しているフィンランド人のルームメートの英語勉強法について紹介します。

僕は彼から受けた影響はかなり大きいと感じています。

彼がフィンランドの学校でどのように英語を勉強してきたのかは、以前の記事に書いているので、今回は彼の独自の勉強法を紹介していきます。

続きを読む

IELTS 7.5を取る英語勉強法|スマホアプリでスキマ時間を活用

僕がカナダに留学中、大学で英語と日本語がペラペラな中国人の学生に出会いました。

彼女は、中国人で母国語は北京語だったのですが日本語の授業でアシスタントをするほど日本語が上手でした。発音も完璧でしたし、日本語を勉強している外国人が難しいという「が」、「を」、「に」、「の」などの助詞も使いこなしていました。

また、彼女はカナダの大学の学部生だったのですが、入学のために受けたIELTSでoverall score7.5 を取ったそうです。IELTS7.5はTOEFLなら102~109、TOEICは970~990というレベルです。

(参考元:http://ieltsnavi.com/score_conversion.html)

信じられないのですが、カナダの大学に入学するまでは海外に行った経験もないと言っていました。そんな彼女に英語の勉強法を教えてもらいましたが誰でもできるシンプルなものなので紹介します。 続きを読む

カナダ留学中の食生活

最近よくカナダでの食事についての質問を受けます。

僕も実際にカナダに行く前はすごく気になっていました。

と言うのもカナダに留学していた先輩がものすごく太って帰ってきたからです。

何を食べたらそこまでパンパンになれるのか分からないくらいに太っていました。

今回の記事では、僕が実際にカナダに留学してどのような食事をしていたかについて書いて行きます。 続きを読む