暗記力を劇的にアップするためにおすすめの本|スパイ並みの記憶力を手にいれる!

僕は高校生の頃、学校の勉強があまり好きではなかったので楽をしてテストでいい点数を取る事ばかり考えていました。

そこでまず目指したことは記憶力をよくすることです。

映画やドラマを見ていると、1度見たものを覚えてしまう脅威的な記憶力を持った登場人物が活躍しています。

そのような記憶力があれば、英語、社会、国語といった文系科目は楽にいい点を取れるのではないかと考えていました。

今回の記事では、僕が参考にした暗記に関する本を紹介します。

※栗田昌裕氏による著書ですが、現在、書店で手に入れるのは難しいようです。同じ著者が書いた記憶に関する本が2017年に発売れているのでチェックすることをおすすめします。

※この記事は、2月23日に加筆、修正を行いました。

誰でもできる暗記法

暗記はテクニック

この本は、英単語の暗記方法については書いているのではなく、効果的に暗記するテクニックについて書かれています。

この記事(気楽に続けられる語呂合わせを使った英単語の暗記法)で、語呂合わせを使った英単語の覚え方を紹介しました。

僕は高校生の時にこの方法を使っていましたが、この本に乗っているイメージを使った暗記テクニックを参考にしました。こ

の本に書いているようにイメージを使いながら覚えることで記憶は定着しやすくなります。語呂合わせは、面白いイメージを作るために非常に便利な方法でした。

今でも、英語を読んでいるとわからない単語に大量に遭遇します。その度に、それらをメモし、語呂合わせでイメージしながら覚えています。

テクニックを知るだけでいつもより簡単に暗記ができるようになります。

応用できるテクニック

英単語の暗記以外にも高校生なら社会科や理科の勉強にも応用できます。

テストのために勉強する場合、暗記は避けては通れぬ道です。

抜群に覚えることが得意なら、自分が今まで届かないと思っていた目標に一気に近づくことができます。そう言った意味でこの本は、試験で高得点を取るために大きな武器になるでしょう。

まとめ

書店に行くと暗記法に関する本がたくさんてあります。それらを読むと記憶力は、トレーニングやテクニックを使って向上させられるということが分かります。

知っているかどうかで暗記の効率は格段に変わってくると思うので、ぜひ一度読んでみることをおすすめします!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です