英語を勉強する前に知っておきたいSLAの知識|科学的な勉強法

どのようなメカニズムで人は第二言語を習得するかを科学的に研究する学問分野であるSocond-language acquisition(第二言語習得論)は英語をより効果的に勉強するために知っておきたいものです。

今回の記事ではその知識を学び、それを英語学習に生かすためのうってつけの本を紹介します。

この記事では、現ケースウエスタンリザーブ大学の教授である白井恭弘氏による書籍「英語はもっと科学的に学習しよう SLA(第二言語習得論)からみた効果的学習法とは」について紹介していきます。

英語ができるようになるために抑えるポイント

「アウトプット」と「インプット」のバランス

この本では、英語力を向上させるために重要とされる「アウトプット」と「インプット」のバランスについて書かれています。

具体的にどのくらいのバランスで勉強すればいいのかについて、「英語はもっと科学的に学習しよう」に書いてあるのでここでは書きませんが、日本人の学習者に多く見られるインプットに偏りすぎた勉強法は効率がいいとは言えません。

英語ができるようになるために、自分が楽しく続けられる勉強法を見つけることが重要ですが、その勉強法をより効果的にするために、この本に書かれているSLAの知識はとても参考になります。

脳の性質を考慮した勉強方法

この本では、SLAに関する専門的な知識や理論ばかりが書いてあるのではなく、研究の結果から効果的だと思われる英語の勉強方法について書かれています。

例えば、この書籍には単語の効果的な覚え方が書いています。

脳の性質の研究から、どのように覚えれば英単語が定着するのかが書かれているので、そこだけでも単語の暗記が苦手な人にとって役立ちます。

また、英語が話せるようになるための勉強法だけではなく、TOEICなどの英語試験対策としての勉強法についても書かれています。

 

英会話ができるようになりたい、進学や就職のために英語のテストでいい点数をとりたいなど英語を勉強する目的はそれぞれ異なります。

この本は英語を勉強するすべての人が自分の目標を達成するための勉強に応用できる知識が書かれています。

非常におすすめの一冊です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です