英語の漫画を読むだけ!楽しく続けられるおすすめ勉強法

中学、高校と英語が得意だった人はリーディングにそこまで抵抗を持っていないのではないのでしょうか。

一方で、英文を読むことがとにかく嫌い!読み終わるのに時間がかかりすぎるからなかなか続かない!という人もいると思います。

個人的には、英語をたくさん読んで慣れれば誰でもリーディングが得意になると思います。

楽しく多読を継続できればそれに合わせて、語彙数も増え、苦手だったリーディングがどんどん得意になるでしょう。

今回は「楽しく!」多読をするためにのオススメの漫画と勉強法を紹介して行きます。

英語嫌いにオススメの漫画

僕がオススメしている英語の漫画を紹介して行きます。

英語が嫌い、もしくは苦手でも漫画なら楽しく読むことができます。

ドラえもん

これはもう定番中の定番ですね。

僕が中学生の頃は学校の図書室に全巻置いてあり、一気に読んだことを今でも覚えています。

大人になってからドラえもんを読んでもシュールで面白いです。

この漫画シリーズなのですが、英語だけではなくて日本語も一緒に書いてあります。

だからわざわざ分からない単語があっても調べる必要はありません。

全部で10巻あるので全て読み終わると、かなりの量の英語を読んだ事になります。

また、基本的に会話文なので普段の生活で使える英語を勉強するためにも最適です。

ブラックジャックによろしく!

こちらも漫画を使った英語勉強には欠かせないです。

僕は、実際に全巻読んだのですが、すごく泣けます

英語の勉強じゃなくても普通にオススメの漫画です。

英語のレベルはドラえもんよりも高いです。

医療用語など難しい単語が使われているのである程度英語を読む事に慣れたときに読んだ方が読み続けやすいです。

全部で13巻あるので、これも全て読み切るとかなりの量の英単語に触れる事になります。

さらにこの漫画をオススメする理由は、Kindleで100円で読める事です笑

ちょっと安すぎませんか?

漫画を使った英語勉強法

次に英語で漫画を読むときに気をつける事について書きます。

単語を調べすぎない

最初は分からない単語を調べずに読んでしまう方がいいです。

理由は、単語を調べると読み終わるのに時間がかかるし、勉強っぽくなってしんどいからです。

絵があるので単語がわからなくて内容が全くわからないことはありません。

ドラえもんに関していえば日本語が乗っているので調べる必要がありません。

とりあえずさらさらっと読んでしまって英文に慣れることが続けるためのコツです。

調べるときは登場人物が何を言っているのか本当に知りたいと思ったときくらいでいいと思います。

英文に慣れるを目標にする

漫画を読むだけで英語力を上げるのではなく、もっと難しい文章に挑戦するための基礎づくりとして取り組むことをオススメします。

TOEICやTOEFLといった英語のテストで高得点を取りたい場合は、もちろん漫画を読むだけではダメです。

そのテストの対策が必要です。

しかし、漫画を読むことは英文を抵抗なく読めるようになる事に繋がります。

英語で漫画を2〜3回読むだけでも、英語が読みやすくなります。

まとめ

漫画を使った英語の勉強は、楽しくできるので英文に慣れるために効果的です。

ドラえもんでもブラックジャックでも最後まで読み切ってしまうと、以前よりも英語に対して抵抗感が薄れるでしょう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です