「ブレイン・プログラミング」の感想と書評|脳を騙して人生を変える方法とは

自分が何を達成したいのか分からない。

それが見つかってもどうすればできるのか方法は分からない。

もし自分の思いのままに目標が達成できればなんて素晴らしいんだ!

そのように感じている人にぜひおすすめの「ブレイン・プログラミング

世界一受けたい授業というテレビ番組でも紹介されたようです。

この本に書かれている、脳を騙して目標を達成する方法は自分の人生を大きく変えるために知っておきたいものです。

「自動的に夢が叶うブレイン・プログラミング」とは

正直、このタイトルを見て「自動的に夢が叶うって…おいおい…」と疑わしく思いましたが

この本を読み終わった今は、本当にそうなるんじゃないかとワクワクしています笑(一瞬で影響を受けました)

科学的な根拠に基づいた方法

この本では「RAS」という脳の働きについて取り上げられています。

「RAS」を簡単に説明すると脳が自分に必要な情報をふるいわけるシステムです。

この「RAS」という脳の働きによって、普段何を考えているのかがその人の行動や人生に大きく影響を及ぼします。

「RAS」の性質を知り、うまく働かせることで脳の活動をコントロールすることができる。

それが、自動的に夢を叶える科学的な方法としてこの本で紹介されています。

期限の重要性

ブレイン・プログラミング」を読み、目標を達成するために「期限」の重要性に気づかされました。

目標を設定するだけではなく、それを達成するための期限も定める必要があります。

期限がなければなかなか新しい行動を始めることができません。

そして、始めなければ何も変わりません。

時間内に何かを達成しようと期限を設けるとストレスを感じてしまうかもしれませんが、そのストレスはむしろ目標達成のためにプラスに働きます。

こちらの記事で書いているのですが、僕がカナダで英語を必死に勉強した理由は焦りでした。できるだけ早く英語が話せるようにならなければという気持ちが自分を突き動かすモチベーションを生みました。(同時にストレスにもなりましたが笑)

具体的なメソッド

この本では、脳を騙して目標に突き進むための方法が書いてあります。

視覚化やアファメーションなど、目標の達成に向かって自動的に動き出せるようになるメソッドが紹介されています。

この部分を読むだけでも十分価値があります。

習慣を変える

目標を達成し人生を変えるためには、行動を変える必要があります。

しかし、自分たちがしている行動はこれまでの人生を通して得た習慣に大きく影響されています。

これまで当然のように繰り返してきた習慣を変えることはかなり難しいですが、それを変えることができれば大きく目標達成に近づくことができます。

目標に向かって突き進めるようになる本

ブレイン・プログラミング」で紹介されている方法を続ければ、人の意見に振り回されることなく目標に向かって勝手に行動ができるようになります。

本を読み終わっただけで僕はテンションがおかしいです笑

目標がはっきりしている人はもちろんですが、まだ何がやりたいのか分からない人も自分が本当にやりたいことを見つけるヒントが書かれているのでおすすめです。

興味があれば、ぜひ読んで見てください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です