「運は操れる」の感想と書評|幸運をつかむ科学的方法

運を自分で操作することができれば、それは自らの運命を操ることができるということではないでしょうか。少し大げさかもしれませんが、運という目には見えないものを操るということはそれほどインパクトがあります。

メンタリストのDaiGo氏による書籍「運は操れる」にはその方法が書かれています。

本書に載っている方法は、スピリチュアル系の「運が自然と集まるようになる開運方法」ではなく、科学的な研究に基づいて「運を自から掴み取る方法」です。

そのため、祈っていれば勝手にお金持ちになれるわけではありません笑

非常に読みやすく、書いているメソッドも面白いものばかりでオススメの一冊です。

運を操る力は伸ばせる

行動をすれば運がつかめる

本書は、待っていれば勝手に幸運が舞い込んでくる方法を教えるものではありません。

自ら行動を起こし運を掴み取っていく。そのために行動を起こし、新しいことにどんどん挑戦する方法が書かれています。

行動を起こす回数が増えれば増えるほど、新しい結果を生み出すことができます。より良い結果を生む確率をあげて、行動の回数を増やせばそれだけ成功する数が増えるということです。

運がない人ほど根拠がないものに頼る

本書で紹介されている方法は「魔法の石を集めて運を引き寄せる。」という根拠のないものではありません。科学的リサーチに基づいた方法なので、実践すれば確実にこれまでよりも運を引き寄せることができるのではないでしょうか。

個人的にはそれらの研究結果を知るだけでも価値があると考えています。

例えば、今までに得たことがないくらいのお金を得るためには、これまでにしたことがない行動を起こす必要があります。その行動の結果として「金運」が回ってくるのです。

自分の考え方次第

本書を読み、運がいい悪いは自分次第なのだとつくづく思わされました。

私たちの人生は「自分がどのような視点で出来事を捉えているのか。」「普段何を考えているのか。」ということに大きく影響されています。

かといってただポジティブ思考になろうということが書かれている訳ではなく、なぜ人の考え方が人生に影響を及ぼすのかという理由が明確に説明されています。

理由を知ることでいかに自分の考え方や行動を変えることが重要なのかを再確認することができるでしょう。

人生をコントロールする

自分の考え方や行動次第で「運」はコントロールできます。

自分の思い通りにいい出来事を生み出すことができれば、人生をより良いものに変えていけるということです。それほどインパクトのある方法を本書から学ぶことができました。

自分が望む出来事を生み出すためには、そのための行動が必要になります。

彼氏/彼女が欲しいと思ったときに、家でジッとしているだけでは何も起こりません。素晴らしい出会いをするためには、それだけ出会いが多そうな場に出かける必要があります。大学生なら、サークルに入ったり新しくバイトを始めるだけでも出会いのチャンスはぐっと増します。

自分の行動を変え新しいことに挑戦することで、「人生」をコントロールすることができます。

個人的にオススメの「違う選択をゲームかする」メソッド

僕が最も衝撃をいけた方法は182ページ〜に書かれている「違う選択をゲーム化する」方法です。文字通りゲーム感覚で自分の行動を変えることができます。

例えば、パーティーに参加したとして、そこで誰にも話しかけずにぼーっとしているだけではなかなか新しい出会いはありません。

そこで、腕時計をしている人には絶対話しかけるというルールを自分で決め、その通りに話しかけています。腕時計をしている人だけに話しかけるというルールがあれば、自分から人に話しかけるタイプではなくても気軽にゲーム感覚で新しい行動を起こすことができます。

人生のあらゆる部分で応用できる方法ですし、ゲーム感覚で今よりももっと大胆に行動できるようになります。

行動をどんどん起こすことができれば、それだけ新しい出会いや経験も増えていき、結果としてそれが新たな幸運を呼び込むようになります。

ぜひワクワクしながら本書を読んでいただきたいです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です