一般動詞の疑問文と否定文|三単現Sの注意点

前回は一般動詞、三単現sの使い方について説明しました。

一般動詞の疑問形、否定形はこの三単現sのせいで少し複雑に感じるかもしれません。

一般動詞の疑問形

be動詞の疑問形は、be動詞を文の前に持ってくるだけでした。

(例)

He is a doctor.

Is he a doctor?

一般動詞の場合は、動詞の位置を変えるのではなく文の前にDoをつけます

(例)

・I play soccer. 「私はサッカーをしています。」

Do I play soccer? 「私はサッカーをしていますか?」(記憶喪失!??)

(変な例文ですが説明のためです笑)

・You play the guitar. 「あなたはギターを弾いています。」

Do you play the guitar? 「ギターを弾いていますか。」

一般動詞の否定形

次に否定形です。

be動詞のときはbe動詞の後ろにnotをつけました

(例)

She is my sister.

She is not my sister.

一般動詞では、動詞の前(主語の後ろ)にdo not (don’t) をつけ加えます。

(例)

・I cook dinner. 「私は晩御飯を作ります。」

I do not (don’t) cook dinner. 「私は晩御飯を作りません。」

・You live in Hiroshima. 「あなたは広島に住んでいます。」

You do not (don’t) live in Hiroshima. 「あなたは広島に住んでいません。」

三単現の場合

主語がyou、I 以外の単数のとき動詞にsかesをつけなければなりません

その場合、疑問文、否定文ではdoの後ろにesをつけてdoesにします。

ここではもともと動詞についていたs, esは取ります。

疑問文

(例)

He plays the piano. 「彼はピアノを弾きます。」

Does he play the piano? 「彼はピアノを弾きますか。」

Mary cooks lunch. 「メアリーはお昼ご飯を作ります。」

Does Mary cook lunch? 「メアリーはお昼ご飯を作りますか。」

否定文

(例)

He does not (doesn’t) play the piano. 「彼はピアノを弾きません。」

Mary does not (doesn’t) cook lunch. 「メアリーはお昼ご飯を作りません。」

※以下の例はよくある文法の間違いです。

s, esを重ねてしまわないように気をつけましょう。

× Does he plays the guitar?

× Mary does not cooks dinner.

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です