海外留学の前に知っておきたいコミュニケーションのコツ|シンプルな英語でコミュニケーションをとる!

海外留学に行って最も強く感じたことは、授業でも日常生活でもシンプルな英語で十分伝わるということです。

日本で勉強しているとネイティブスピーカーや海外の大学で勉強している留学生たちはものすごく難しい(複雑な)英語を話しているように感じてしまいます。

しかし、彼らは自分が思っていた以上にシンプルな英語をバンバン使っていました。

逆に僕はどうしても高校の英語でやったように日本語を英語に訳して伝えようとしてしまい、結局自分が伝えたいことが伝わらないことがよくありました。

そこで、複雑なものよりも自分の言いたいことがバッチリ伝わるシンプルな英語を使いこなせることがいま求められている英語力ではないでしょうか。

戸塚隆将氏による書籍「世界で活躍する日本人エリートのシンプル英語勉強法」でも紹介されていますが、あのスティーブ・ジョブスもバッチリ結論が伝わるシンプルな英語を使っています。

まず「シンプルな英語で結論を伝える」ことがコミュニケーションをうまくするためのコツです。

シンプルな英語で伝える

 ビジネスリーダーが話す英語の共通点

「世界で活躍する日本人エリートのシンプル英語勉強法」の中で、世界のビジネスリーダーが使うインパクトの強い英語の共通点として、まず結論を言うことが挙げられています。

IELTSのスピーキング対策としておすすめの「実践IELTS技能別問題集スピーキング」でも、まず自分の最も伝えたいことを言うことが求めらていますが、英語を話すとき結論を先に言うことは自分の意見をしっかり伝えるために非常に重要なことです。

ネイティブスピーカーが使いそうな英語のフレーズを使うことに意識を向けるよりも、まず結論をいうことの方が相手に自分の意見を伝えるために必要なことです。

大前研一氏が監修する「プロフェッショナル・イングリッシュ」では、文法や発音が完璧ではないブロークンイングリッシュでも結論が明確に伝われば成果を出すことができると書いてあります。

こちらの記事にも書いているのですが、カナダの留学中に出会ったフランス人留学生は短くシンプルな英語を連発して英語をスラスラと話していました。

最初は発音がフランス語なまりで聞き取りにくいなと思っていたのですが、簡単な英語を話しているし結論もバッチっと最初に言っていたのですぐに問題なくコミュニケーションが取れるようになりました。

発音が完璧ではなくてもスラスラと分かりやすい英語を話していれば、ものすごく練習したことが伝わってきます。それもあって彼の話す英語はとてもかっこよく聞こえました。

 

相手の主張を理解する

自分が話すときに、まず結論から言えば相手に伝わる可能性はグッと高まります。

しかし、英語でコミュニケーションをとることは、一方的に話すのではなく相手の意見を聞いて会話のキャッチボールをすることです。

ここでも相手の最も言いたいことは何かを意識すれば、うまくコミュニケーションが取れるようになります。

自分が話す時、結論をまず伝えることは意識すればすぐにできるようになりますが、相手が何を言いたいのか理解することは1日でできるようになりません。

自分自身、カナダに留学しているときリスニングに最も苦労しました。

相手が話している英語が聞き取れるようになるまでにも時間がかかったことに加えて、相手の話のポイントを聞き逃すことが多かったので会話をしていると全く的外れな話をしてしまうこともありました。

結論が何かを意識して相手の言っていることを聞けば、相手の主張を理解することがより簡単にできるようになります。

リスニングの練習をする時にただ音を聞くのではなく、同時に相手が言っていることの中で最も重要なことは何かを意識すれば、より上手く英語でコミュニケーションが取れるようになります。

まとめ

英語でコミュニケーションをとるために文法や発音はもちろん大切にしなければなりません。

しかしそれだけではなく、まず結論を言い自分の主張を伝えること、結論を聞き取り主張を理解することが重要です。

英語を勉強している人は、シンプルで伝わりやすい英語を使いこなすことを目指してはどうでしょう。

さらに、自分自身、留学中リスニングは非常に苦労しました。相手が言っていることが理解できなければ何を話せばいいのか分かりません。

カナダに留学しはじめた頃はスピーキングよりもリスニングが苦手すぎて英語でコミュニケーションをとることが怖かったです。

また、せっかくスラスラ英語が話せても的外れな事ばかり言っていては意味がありません。

リスニング力は完璧に聞き取れるようになることを目指してこれでもかと思うくらい上げたほうが絶対にいいです。

この記事を作成するにあたって参考にした2冊の本はぜひ留学に行く人や海外で仕事をする人に読んでもらいたいです。ここに書かれていることを知っているかどうかで英語でうまくコミュニケーションができるようになるまでの時間が変わってきます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です