これまでIELTSを受けて分かったスピーキングスコア7.0を取るために気をつけるポイント

以前の記事で、IELTSのスピーキングセクションを初めて受けた際に意識したことについてまとめました。

初受験でIELTS スピーキング7.0を取った勉強法と意識したこと

初めてのIELTSは、カナダに留学中に受けたのですが、この5月からの2ヶ月で3回IELTSを受けました。

そこで、その3回のスピーキングスコアは7.0→6.0→7.0だったのですが、初めて6.0をとりました。

安定して7.0を取れているのになぜ一度6.0というスコアをとったのかを自分なりに分析したのでまとめていきます。

IELTSを受験する方の参考になれば幸いです。

IELTSのスピーキングで気をつけるポイント

スピーキングスコアが7.0から6.0まで下がる

カナダから帰国したのが2017年の8月末だったので、英語の流暢さは衰えていないかと心配していたのですが、DMM英会話のおかげで久しぶりに受けたIELTSでもスピーキング7.0を取ることができました。

やはり同じ内容や単語を何度もリピートすることを避けながらスピーディーに英語を話すことが7.0をとるコツではないでしょうか。

次のテストでは、いつもはあまり使わないようなよりアカデミックな単語を使って語彙力をアピールし7.5を取ることを目標にしていました。

二週間後に受けた次のIELTSでも自信を持って英語を話したのですが結果を見るとなんと6.0にスコアが下がっていました。上がるどころか1.0も下がっていて正直かなりショックでした…

語彙力や流暢さよりも重要なこと

なぜそこまで点数が落ちているのかを考え、DMM英会話の先生に相談してみて分かったのですが、僕はそのテストで重大なミスを犯していました。

Part2(ショートプレゼンテーション)で僕は質問されていることに明らかに関係ないことを話していました。

いかに流暢に英語を話しても、質問に正しく答えられていなければかなり減点されるようです。

質問に正しく答えることは意識していたつもりですが、その時は語彙力をアピールし過ぎようとして話がそれすぎてしまいました。

いかに豊富な語彙で流暢に話せても質問と関係ないことを話せばそれらは全く評価されないようです。

僕が6.0を取った時の、Part2のトピックは自分の行きたい国についてでした。

質問は、その国はどこか。どのような国か。そこで何をしたいか。なぜそこに行きたいか。という4つでした。

僕は、いつもフィンランドに行きたいと思っていたのでフィンランドについて話したのですが、主にカナダで出会ったフィンランド人の友人とフィンランドの教育について話しました。

日本とフィンランドの教育の違いやフィンランド人の友人との友人の思い出など自分としてはかなり満足のいくものだったのですが、完全に「どのような国か。そこで何をしたいか。なぜそこに行きたいか。」という3つの質問を無視していました。

このように質問されていない自分が話したいことを話したので、1.0もスコアが下がりました。

オンラインで英会話レッスン受けるならDMM英会話♪スカイプで格安マンツーマンのレッスンが受けられます!

英会話

正しく答えることを意識

前回の反省から、語彙力をアピールすることよりも、完璧に質問に答えることと、いつものように英語をどんどん話すことを強く意識して次の試験に臨みました。(同じ単語や表現をリピートしないということも意識していました。)

結果として再び7.0を取ることができました。やはり質問に正しく答えることはかなり重要なポイントのようです。

6.0と7.0をとった時のもう一つの違い

これまでIELTSを受けて、スコア6.0と7.0を取った時の明らかな違いがもう一つあります。

7.0を取った時は、試験官に止められるまで話すことが何度かありました。

特にPart2(2分間のショートプレゼンテーション)では、2分以上話して、試験官が「おいおい。こいつめっちゃ話すな」という感じの表情をしていることを無視して話し続けました。

一方で、6.0を取った時は、語彙力をアピールすればいいと考えていたので覚えた表現をそのまま使うなどして、たくさん話すことができなかったように感じます。

僕のオンライン英会話の先生に、丸暗記した表現を使っているのではなく自分で考えて英語を話しているということをアピールするために、試験官に止められるまで話し続けることはいい戦略だということを教えてもらいますた。

もちろん同じことを繰り返してはどれだけ流暢に話しても意味がありませんが、7.0を取った時は、しっかり質問に答えられたことに加えてその戦略もうまくいったのでしょう。

オンラインで英会話レッスン受けるならDMM英会話♪スカイプで格安マンツーマンのレッスンが受けられます!

英会話

まとめ

これまでIELTSを受けてきて、正しく質問に答えることの重要性に気づくことができました。

スピーキングセクションで高得点を取るための戦略は、インターネットで調べるとたくさん出てきます。しかし、それらを使っても質問と関係ないことを話していると点数は伸びません。

スピーキングの練習をする時や本番では、まず正しく聞かれていることに答えるということを意識する必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です