英語のスピーキング、リスニングに自信がない人が知っておくべき考え方

イギリスの大学院で授業が始まりすでに二週間が経ちました。基本的に授業は小グループやクラス全体でのディスカッションが中心に行われており、授業に参加している学生は活発に発言することが求められています。

私を含む留学生の中には英語を完璧に話せているわけでもないのにどんどんと発言してる人もいれば、最後まで何も発言しない人もいます。

私は大学生の頃にカナダに留学していた経験があるので、ある程度ディスカッション形式の授業には慣れています。カナダで授業を受け始めた頃は先生やクラスメートの言っていることが理解できず、自分のスピーキング、リスニング力に自信がなかったので思うように発言ができませんでした。

これは授業中だけではなく、普段の会話の中でも言えることです。

私は、英語ができるようになるためには可能な限り英語を使わなければならないと考えるようになっていたので、開き直ってどんどん話しかけていました。(これは社交的だったルームメートの影響ですが、詳しくはこちらの記事に書いています)

今回は、スピーキング、リスニング力に自信が持てずなかなか英語を話せない人に知ってもらいたい考え方について書いていきます。

スピーキング、リスニングに自信がない人が知っておくべき考え方

練習、練習、練習

スピーキング、リスニングに自信を持つために必要なことは、当たり前のことですが練習をすることです。

当然のことですが、ネイティブスピーカーは幼い頃から英語を聞き、英語で話し、英語で考えています。それと比べると、日本に住んでいる普通の日本人が英語を使ってきた時間は圧倒的に少ないと言えます。

最近よく短期間で英語を話せるようになるというような広告を見かけますが、かなり怪しいです。一体それがどのレベルを目指しているかによって話は変わってきます。

個人的に日常会話レベルの英語を話せるようになることはそこまで難しくはありません。しかし、海外の大学でディスカッションができるレベルやネイティブスピーカーレベルになることは、かなりの時間を使って英語を練習しなくてはなりません。

自分が完璧だと思えるくらい数をこなすことが本当の自信をつけるために必要なことです。

そのため、当ブログではオンライン英会話を使って練習することをおすすめしています。

オンラインで英会話レッスン受けるならDMM英会話♪スカイプで格安マンツーマンのレッスンが受けられます!

英会話

しかし、英語力に自信がなく、オンライン英会話での会話も怖いという人もいるでしょう。

自分もカナダに行くまでは英語に自信がなかったのでその気持ちは良くわかります。しかし、いまではカナダに行く前からオンライン英会話をしておけばよかったと思っているので、英語ができるようになりたい人にはぜひとも利用してもらいたです。

その一歩を踏み出すために、スピーキング、リスニングに自信のない人には以下の考え方を知ってもらいたいです。

一回で聞き取れなくてもいい

英語で会話をしているとき、相手が言っていることがよく分からないのにとりあえず分かっているふりをしたことはありませんか?

私は、あります。

聞き返すと英語が分からないやつと思われそうで、聞き返さずに分かったふりをよくしていました。

しかし、分かったふりをする方が英語が分からないやつだと思われます。笑

今はイギリスの大学院で勉強しているのですが、僕が通う学校の附属語学学校に英語を勉強しにきている学生と話すことがあります。そこで、僕が言ったことが分かっていないのに分かっているふりをしている人は会話が噛み合わないのですぐに分かります。

聞き返してくれれば違う表現を使ったり、ゆっくり話したりして伝えることができるのに、分かったふりをされると話す気がないのかなと考えてしまいます。

私は、クラスメートと話しているときも分からなかったら聞き返しますし、ネイティブスピーカー同士で話しているのを見ても聞き返すのは普通のことです。

それに、これは失礼に思われることもあります。

日本語で話していて相手の話が聞こえなかったら「なんて言ったの?」と言います。それは会話を成立させるためにごく当然のことです。

逆に分かっていないのにうん、うんと分かっているふりをされたら嫌な気分になりませんか?分からなかったら聞けよと思うのが普通の反応でしょう。

どれだけ、リスニングが苦手でもテストと違って一回で聞き取れる必要はないので、聞き取れないときはその度に「Sorry?」と聞き返せばなんとか会話は成立させられます。

リスニングに自信がなくても、分からなかったら聞き返せばいいやと気楽に構えればいいのではないでしょうか。




英語力よりも話の中身

私がカナダについた頃は、リスニングにもスピーキングにも全く自信がありませんでした。

特にスピーキングは思ったことがなかなか言えずにもどかしい思いをたくさんしました。しかし、そのたどたどしく話しているときでも、僕が日本の文化や歴史の話をしていると真剣に聞いてくれる友人が多かったです。

(日本の文化、歴史に興味を持っている外国人はかなり多いです。そのため、日本人というだけで、話しかけてくれることもあります。これは日本人であることのアドバンテージです。)

日本語訛りの英語を話していても、相手が知らないことや面白いことを言っていれば相手は真剣に聞いてくれます。

逆にどれだけ完璧な発音で、流暢に英語が話せても、話の内容が下品なことなら積極的に空いてから話しかけてくることもありません。

スピーキング力に自信がなくても、自分の知識や考え方といったスピーキング力以外のことに自信を持っていれば、英語を話すことに対する抵抗感が薄れますし、自分が想像している以上に相手は話をよく聞いてくれます。




まとめ

正直、私は発音は良くないし、他の留学生のように英語をスラスラと話せるわけではありません。

今でも英語が完璧だと心から思えるように勉強しています。それでも、上記のことを意識しているので会話をすることに抵抗はありません。

全く自信がない人でも、短期留学に行ったりオンライン英会話などを使って練習すれば日常会話はすぐにできるようになります。

留学は少しハードルが高いイメージなので、私はオンライン英会話をおすすめしていますが、その一歩を踏み出すために今回の記事に書いたことが少しでもお役に立てば幸いです。

オンラインで英会話レッスン受けるならDMM英会話♪スカイプで格安マンツーマンのレッスンが受けられます!

英会話

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です