イギリス大学院に入学するために必要なこと

私は現在イギリスのUniversity College London(UCL)の修士課程に在学しています。

大学2年生になった頃から卒業後は海外の大学院で勉強したいと思い、それを目指して残りの大学生活を過ごしました。

UCL以外にもUniversity of Birmingham とスウェーデンのStockholm Universityに申し込み入学許可を得ることができました。

イギリスの大学院2校に申し込んだ僕の経験から言えることは、早い時期から準備をしていれば決して入学許可を得ること自体は難しくないということです。(卒業するのはものすごく難しいですが)

今回の記事では、イギリス大学院(ここではUCLとUniversity of Birmingham)に入学するために必要なことについてまとめていきます。

大学院の申し込みのために提出したもの

大学の成績証明書 (Academic Transcript)

まずは大学在学中の成績証明書です。イギリスの大学院に入学するためには試験を受ける代わりにので学部生時代のGPA (Grade Point Avarage)を提出します。

日本の大学入試のように試験で一発逆転することができないのでいかに大学時代に勉強しているかが重要になります。

大学や学部によってどれほどのGPAが必要かは異なりますが、僕がUCLの友人たちに尋ねた限りでは皆4.0中3.2以上はあるようです。

英語のスコア (English Language Requirement)

こちらも大学や学部によってどれほどのスコアを求められるかは変わりますが、僕の学部では全体のIELTSのスコアで7.0以上(全セクションで6.5以上)が入学のために必要なスコアでした。

UCLではTOEFLや他のテストのスコアも使うことができますが私はIELTS以外受けたことがないので詳しくは以下のページを参照してください。

https://www.ucl.ac.uk/prospective-students/graduate/learning-and-living-ucl/international-students/english-language-requirements

多くのイギリスの大学院は条件付き合格(Conditional Offer)を認めているので、決して申し込み時に必要スコアを獲得している必要はありません。

入学するまでにスコアを取ることができれば無条件合格(unconditional offer)を得ることができますが、条件付き合格を得ても最終的に英語の必要スコアを獲得できずに入学できない学生が意外と多いようです。

そのようなことも起こりうるので、イギリスの大学院に興味があるなら早い段階から必要スコアを取れるレベルまで英語を勉強しておくことがオススメです。




志望理由書 (Personal Statement)

次に志望理由書を書きます。

UCLもUniversity of Birminghamも原稿2枚分に何を大学院で学びたいか、卒業後何をしたいか、なぜその大学を選んだかなどをまとめて提出しました。

私は志望理由書を書くのは初めてのことだったので、何から書き始めたらいのか分かりませんでした。インターネット上に様々な情報がありどれを信じればいいか分かりませんでいたが最終的に大学院留学のすべてという本を参考にして自分の志望動機を書き終わることができました。

いざ出願するとなってから書き始めるのはどうしても遅すぎるので、自分がどの大学で何を学びたいか早い段階から考えまとめておくとスムーズに書き進めることができます。

教授からの推薦状(References)

最後に自分が授業を受けたことのある教授に推薦書を書いてもらいます。

UCL、University of Birmingham共に二人の教授から推薦状を書いてもらわなければなりません。

大学2年生の時点で大学の教授に卒業後は海外の大学院で勉強したいと言っていたので、快く推薦状を書いてもらうことができました。

まとめ

イギリスの大学院に出願するためにはGPAや英語のスコア、教授からの推薦状など一朝一夕ではどうにもならないものが必要となります。

しかし、日本の大学入試のように本番のテストの点数次第というわけではないので、日頃から継続的に努力をしている人にとっては上記の資料を提出するだけなので決して難しくないですしプレッシャーもありません。

早い時期から入学に向けて準備をしていればどれだけレベルの高い大学でも入学は可能だと考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です