集中して勉強を続けるためにオススメのこと

みなさんは集中力をキープするためにやっていることはありますか。

現在私はイギリスの大学院で勉強していますが、大量の課題をこなすために長時間集中して勉強しなければなりません。

授業がない週末は一日中部屋や図書館にこもって勉強するということも珍しくありません。

集中する方法は人それぞれ違いますが、私が集中して勉強するために実践していることを今回は紹介していきます。

集中して勉強する方法

なぜ集中できないか

まずは、なぜ集中できないかについて書いていきます。

当たり前のことですが、一番の理由は他のことに意識が向いている事です。

例えば、勉強しながらスマホを触っているとかなり効率が落ちます。また、スマホを触っていなくても、本を読んでいるときに頭の中で今日の晩御飯のことや学校での出来事を考えていると見事に何も頭に入ってきません。

集中するためには、その対象だけにいかに意識を向けるかが重要だと言えます。

書くことで頭を動かす

私は一つのことに集中するためには常にそのことに関して考え続ける必要があると考えています。

そのために自分が思ったことを能動的に書くという行為は非常に効果できです。

例えば、大学院で講義を聞くときは、ただ先生の話を受動的に聞くのではなくノートに反論や自分の意見を書くようにしています。

ノートに書くという行為を通して、常に講義で取り扱われているトピックについて考えるようにしています。

また、本を読んでいるときも、面白いと思った文章にチェックをして、なぜ面白いと思ったのかを書き込むようにしています。

書きながら本を読むと、普通に読むよりも時間がかかりますが、集中せずに読んで何も頭に入ってこないよりも効率的です。

一つのことに集中できる環境を作る

次に一人で勉強しているときは、いかにそれに集中できる環境を作れるかが重要です。

例えば、私は基本的に机の上には勉強に必要な物しか置いていません。

自分の机の周りは勉強のための空間として、必要のないものは決して近づけません。

図書館で勉強するときもスマホは電源を切ってカバンにしまい集中力を乱すものを極力遠ざけるようにしています。

このように1つのことに集中できる環境を作ると、時間があっという間に過ぎ去ってしまうほどの心地よい集中がより簡単にできるようになります。

この方法は、エッセンシャル思考に影響を受けたものですが非常に効果があります。

まとめ

今回は、私の集中するための方法を紹介しましたが、ほとそれぞれ自分にあった方法があります。

音楽を聴いた方が集中できるという人もいますが、僕は音楽があると完全に集中する事が出来ません。

この記事が、自分にあった方法を見つけるための手助けになれば幸いです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です