英語力向上のために避けては通れない単語の暗記|

私はイギリスの大学院に入学するためにIELTSを受験したのですが、目標点を取るために実践IELTS英単語3500に乗っている単語を全て暗記しました。

自分が完璧に暗記できたと思えるまで、かなり時間がかかりましたが、ここで覚えた単語は英語のテストで高得点を取るためだけではなく、英語でコミュニケーションをとり、しっかりと自分の考えていることを伝えるために非常に役立っています。

もちろん単語を覚えるだけでは、英語が使えるようになるとは思いませんが、それでも英単語の暗記は英語力をレベルアップさせるために避けては通れないものだと考えています。

今回の記事では、単語暗記の重要性について書いていきます。

語彙力の向上が英語ができるようになるための鍵

テストは単語を大量に覚えれば点数は上がる

私は、大学に入学してから海外の大学に留学することを目標にほぼ毎日英単語の暗記を行なっていました。

もちろん単語を暗記するだけではTOEFLやIELTSと行った英語の試験で高得点を取ることは難しいですが、それでも単語を大量に覚えることは点数を上げるための大前提となります。

リーディングに関していえば、テストに出てくる英単語の意味が全て分かればそれだけで高得点を取れる確率はぐっと上がるでしょう。

スピーキング、ライティングはもちろん話したり書いたりする練習は必要ですが、自分の知っている単語の数が多ければ多いほどより多様な表現を使うことができます。

ある程度英語が話せる人は、単語を暗記して使える表現を増やしていくことがさらなる英語のレベルをアップすることに繋がります。

TOEFLでもIELTSでも、多様な表現を使いこなせることはスピーキング、ライティングで高得点を取るために必要な能力です。

アカデミックな場でこそ語彙力が求められる

現在、私はロンドンのUniversity College Londonの修士課程に在籍しています。ロンドンに住んでいて気づきましたが、普段の生活でそこまで語彙力が必要だとは思いません。限られた簡単な表現だけで十分に会話を成り立たせる事が出来ます。

しかし、大学院で勉強するとなるとどうしても語彙力が必要です。留学前に、実践IELTS英単語3500に乗っている単語を全て暗記しましたが、それでも授業中に自分の知らない単語が使われることが」よくあります。

テストで良い点を取るためなら3500語で十分かもしれませんが、よりアカデミックな場で英語を使うとなるともっと単語を覚えなくてはならないと強く感じます。

私は授業の前にその授業で扱われるテーマについて調べるようにしています。これはそのテーマについて知識を得るというだけではなく、その分野で使われる専門用語を覚えるという目的で行っています。

専門的な単語はまだまだ知らないものが多いので、それを知らないまま授業に出ると完全に教授の話を理解する事ができません。

ネイティブスピーカーとより高いレベルのディスカッションをするためには、頭に浮かんだことや自分が考えていることを正しく伝えられる語彙力が必要不可欠です。

日常会話ができればいいだけならそこまで大量に単語を覚えなくてもいいでしょうが、より高いレベルを目指すならそれだけ難易度の高い単語を使いこなせるようにならなければなりません。

ただ覚えるだけではなく、使いこなせるようになることがポイントです。

暇なときは常に単語を覚える

単語の覚え方にはいくつか方法がありますが、私は多読を通して新しい語彙を覚えるようにしています。

暇があれば常に英語を読み、分からない単語はすぐにメモしてその日のうちに暗記してしまいます。これを繰り返す事で英語を読めば読むほど語彙力が増えていきます。

最初のうちはなかなか英文がすらすら読めませんが単語力の向上に従ってリーディング力は飛躍的に向上します。

私の勉強方法とは違い、私の友人の一人はアプリを使って隙間時間に単語を覚えるようにしています。

以下の記事で紹介しているので是非参考にしてみてください。

IELTS 7.5を取る英語勉強法|スマホアプリでスキマ時間を活用

まとめ

私は当ブログで単語の暗記に偏った勉強はあまり効果がないと書いていますが、それは単語の勉強をおろそかにしていいということではありません。

話したり書いたりする練習と同時に大量に単語を覚えることがより洗練された英語を身につけるために重要なことです。

私は、よく短期間で英語ができるようになりたいと行っている人を見かけますが、その場合は、インプットアウトプットの練習をしながらも大量に単語を暗記することがオススメです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です