英字新聞の上に置いてあるアヒルのおもちゃ

留学を目指す人にオンライン英会話をおすすめする理由|ディスカッションに慣れるための練習

私は、イギリスの大学院に留学するためにIELTSを受ける必要がありました。そこで目標点を取るためにDMM英会話を使ってスピーキングの練習をしていたのですが、そこでの練習がIELTSのスピーキングで7.0を取るために非常に役立ちました。

しかし、それだけではなく今思うとオンライン英会話で練習をしたことが大学院での授業においても生かされています。

オンライン英会話でディスカッションに慣れる

大学院でのディスカッション

現在私はイギリスのUCL(ユニバーシティ・カレッジ。ロンドン)の大学院で勉強しています。私のコースは、授業と論文の執筆が中心なのですが、そのどちらでも英会話で練習したことが生かされています。

授業では、毎回他の学生や教授と行うディスカッションががあります。ディスカッションでは、授業の前に読むリーディングアサインメントに関連したトピックについて教授が質問をしてその答えを考えることが多いです。

ディスカッションでは、まず隣に座っている人とペアになりあるトピックについての意見をまとめます。次に、それを5〜6人ほどの小グループでシェアしさらに意見をまとめていきます。最後は、その意見をクラス全体で共有します。このように自分の意見と他のクラスメートの意見を組み合わせていき、そのトピックについてより深く掘り下げていきます。

UCLは留学生が多く、様々なバックグラウンドを持った学生がいます。そのせいか、グループごとに全く同じ意見が出ると言うことはあまりありません。それをいつも先生がうまくまとめるのでさすがプロだなあと感心しています。

このようなディスカッションベースの授業の中で、重要なことは自分の意見を伝えることであり、また、同時に他のクラスメートの意見をしっかり聞いて理解することです。自分の意見と相手の意見の共通点や相違点を見つけながら新しい考えに到達するためにはかなり高度なリスニング力、スピーキング力が求められます。

さらに、ここまでディスカッションベースの授業を受けてきてひしひしと感じることは、授業でのディスカッションはある程度慣れていないとついていくのも難しいということです。

スムーズなディスカッションをするためには練習が必要

私が日本の中学、高校で勉強しているときは授業中にディスカッションをする機会はほとんどありませんでした。体育祭や文化祭の出し物について話し合うことはあっても、日本の中学、高校では授業中にデスカッションをしながら勉強することはあまり多くないのではないでしょうか。

私の場合、大学に入学してから授業中にディスカッションをする機会は増えましたがそれでも、遊び半分でディスカッションをしていたと思います。

さらに、留学をするということは授業中は英語を話します。母国語ではない英語を使ってあまり慣れていないディスカッションをすることはかなり難しいことです。

一方で、イギリスやアメリカといった英語圏出身の学生は小学生の頃から授業中にディスカッションをしていることが多いです。私のイギリス人の友人は、大学まであまり授業でディスカッションをしていなかったと話していたので、どれくらいディスカションをしてきたかは人によりますが、大学に入ってからはディスカッションの機会が一気に増えます。

彼らは、英語を第一言語として話し、さらにディスカッションにもある程度慣れているので、練習してなけらばかなりディスカッションでの発言力や貢献度に差がついてしまいます。

私は、大学生の頃カナダの大学に留学に行ったのですが、最初のうちは全くディスカッションについて行くことができず悔しい思いをしました。留学する前に、ディスカッションの練習をしておくべきだったと少し後悔しています。

DMM英会話でディスカッションの練習

高いビルの後ろに隠れた太陽

ディスカッションに慣れるために練習が必要なのですが、さすがにディスカッションを一人で練習することはできません。ディスカッションの方法を知ることは出来ますが、実際にやってみないとディスカッションに慣れることはできません。そのため練習相手が必要ですが、英語で練習するとなると相手を見つけることもかなり難しいのではないでしょうか。

これらの問題を解決するために、DMM英会話は最適なサービスだと私は考えています。

私は、DMM英会話を使って主にIELTSのスピーキングの練習をしていました。しかし、嬉しいことにDMM英会話は毎日授業を受けることができるので、私はIELTSの練習だけではなく、先生とディスカッションの練習もしていました。

DMM英会話では、一人の先生に英語を教えてもらうのではなく毎回先生を選ぶことができます。私は、IELSTで目標点が取れた後は、毎回違う国籍の先生をランダムに選びトピックを決めてディスカッションを練習していました。

興味があるトピックについて話し合う

大学生の頃に塾で働いていたということもあり、よく教育について話をしていたのですが、先生によって異なる教育観がありそれを聞くことは楽しかったですし勉強になりました。一度、小さい頃から入試のために勉強するのはいいことかどうかについてセルビア人の先生と話し合いました。

私は、小さい頃から受験勉強をすることは最終的に子どもが勉強嫌いになるから良くないという立場で自分の意見を言ったのですが、先生はセルビアの教育事情を説明しながら受験勉強の良い点を話してくれました。先生と教育について話さなければ、セルビアの事情について知ることはなかったでしょう。また、先生からの反対意見を聞くことで自分が新しい考え方ができるようになったので今でもあの授業は印象に残っています。

どの先生も基本的に親しみやすいのでリラックスして会話を楽しんでいたのですが、私はDMM英会話での練習を通して異なる意見を持つ人とのディスカッションに対して抵抗感や不安がなくなりました。毎日のように練習することでディスカッションに慣れることが出来ました。

ただ自分のスピーチを聞いてもらうのではなく、相手の意見を聞いて質問をしたり、それに対する自分の考えを述べたりすることはまさに自分が今大学院でやっていることに重なります。

オンラインで英会話レッスン受けるならDMM英会話♪スカイプで格安マンツーマンのレッスンが受けられます!

英会話

まとめ

IELTSやTOEFLで高得点を取るためにオンライン英会話は非常に便利なサービスです。それに加えて海外の大学や大学院での授業で行われる英語でのディスカッションの練習ができます。

私の利用していたDMM英会話は毎日授業を受けられるので、一週間のうちにIELTSなどの試験の練習や私がやっていたように先生とのディスカッションもできます。

英語の試験で高得点をとり留学に行けるとしても、全くディスカッションの練習をしていなければ実際に授業中に他の学生と意見を交換することは難しいかもしれません。

留学を目指しているなら、ディスカッションに慣れるという意味でもDMM英会話はオススメのサービスです。無料体験コースがあるので、興味のある方は気軽に試してみてください。

オンラインで英会話レッスン受けるならDMM英会話♪スカイプで格安マンツーマンのレッスンが受けられます!

英会話

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です