英文多読|繰り返し読むことで語彙力を上げる

当ブログでは、英語力の向上のために多読や多聴を通した大量のインプットが英語力向上のために不可欠だという考えを紹介してきました。

自分自身イギリスの大学院に入学してから大量のリーディングをこなさなければならなくなったので、それを通して日に日に英語力が向上しているように感じます。

特に語彙力はこのリーディングを通して圧倒的に向上しました。そして語彙が増えることは英語力向上のために欠かせないのだと実感しています。

単語帳を使って英単語を覚えることももちろん重要ですが、それだけではなくどれだけ実際に使われている単語に触れるかが語彙力を向上させるために欠かすことはできません。

これまで触れていなかったのですが、今回はリーディングを通して単語を覚えるために重要な繰り返し読むことついて書いていきます。

繰り返し読むことで単語が覚えられる

好きな小説を繰り返し読む

先日友人と外国語の勉強方法について話していました。

彼はアメリカ人なのですが、英語以外にもスペイン語とロシア語を話すことができます。

彼が教えてくれた勉強方法は、好きな小説を繰り返し読むというものです。彼はまず基本的な文法や単語を勉強し、あとはひたすら好きな作家の小説を繰り返し読んだそうです。彼は辞書を使うのがめんどくさいから分からなくてもなんとなく読み進めていると言っていましたが、同じ小説を繰り返し読むと、回を重ねるごとに意味が分かるようになるそうです。

同じ小説を繰り返し読んでいると、その小説について話すときなど文章の中で使われている英語を使えるものです。

以下の記事にも書いてありますが、私の場合は、意味がわからないまま読み進めることがあまり好きではないので文脈からも意味がわからない未知の単語に出会った場合は辞書で調べます。しかし、同じ本や論文を何度も読むことは毎日のようにしています。

英文の多読をするときの注意点

プレゼンテーションの資料を読み込む

プレゼンテーションの準備のために、資料を何度も読み込みますが実際にプレゼンをするときはその読み込んだ資料を見なくてもそこに書かれていた単語やフレーズを自然と使っています。

プレゼンテーションが終わった後、普段の生活でもその資料に書いてあった英語を使えるようになっています、

決して資料を丸暗記した訳ではないのですが、それでも繰り返し読むことで英単語やフレーズが頭に定着するようです。

何度も読むことで、英語を理解できるようになるだけではなくそこで使われているフレーズや単語を覚えることができます。

ちなみにあの夏目漱石も繰り返し多読をすることで英語力を向上させたようです。「夏目漱石 英語 勉強」で検索すると彼の多読による勉強方法についての情報をかなり見つけることができます。

まとめ

私は、自分の知らない単語や文法が多く意味のわからない文章を読んでも英語力は向上しないと考えています。

理解しながら英文を読むために英語の基本的な知識は必要ですし、文脈から意味が判断できない単語は辞書を使って調べた方がいいと考えています。

その中で繰り返し自分の気に入った文章を読んでいると、それが使える英語に変わってきます。

まずは自分がこれだと思った本を何度も読み返してみるとどんどんその本を読むスピードが速くなりますし、使える表現も増えてきます。

ちなみに私はKen RobinsonのCreative Schoolsを何度も読み返しましたが、これを読むことで頭に定着した英語は他の英語を読む時だけではなく自分が英語を話すときの基礎になっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です