IELTSのリスニングでスコアを上げるためのテクニック|7.0を取るために知っておきたいこと

私は現在イギリスのUniversity College London(ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン)の修士課程に在籍していますが、出願の際に英語力の証明としてIELTSのスコアを提出しなければいけませんでした。

そのため、IELTSを何度か受けましたがリスニングは安定して7.0取れました。

今回の記事では、IELTSのリスニングでスコア7.0を取るためのコツについてまとめていきます。

IELTSリスニングでスコアを上げるテクニック

英語を聞く前に問題文を読む

IELTSのリスニングで高得点を取るために重要コツは、英文を聞く前にいかに問題文を理解するかです。

IELTSのリスニングは4つのSectionがあります。IELTSは、TOEFLと違い最初に問題文を読む時間が10秒ほど与えられます。また、Sectionが一つ終わるごとに解答を確認する時間が10秒ほどあるのですが、その時間を使って次のSectionに目を通すことができます。

Section1は基本的に住所や電話番号の聞き取りのように、内容を理解できているかよりもしっかり単語を聞き取れるかどうかがが問われています。

そのため、Section1では、そこまで時間をかけて問題に目を通す必要はありません。

一方で、Section2, Section3では選択問題が出題されやすくそこでは聞き取った英語の内容を正しく理解できているかが重要になります。私が思うに、Section2, Section3では話されている英文を細かい部分まで聞き取れないと正解できないようなひっかけ問題が多いです。

選択肢に書き込みをする

そのような中で、スコアを上げるためには、選択肢に書かれている内容の違いを英文を聞く前に正しく見分ける必要があります。

そこで私がやっていたことは、Sectionの最初にある10秒ほどの問題に目を通す時間を利用して選択肢に書き込みを行うことです。書き込みを行うことで、選択肢ごとの内容の違いをはっきりとさせることができますし、リスニングをする際にどのようなことに集中して聞けばいいのかをある程度把握できます。

例えば

The professor thinks that Kevin’s paper

A   should be re-ordered in some parts.

B needs a contents page.

C ought to include more information.

という選択問題があります。違いが分かりやすくなるようにキーとなる表現にチェックをします。

A   should be re-ordered in some parts.

B needs a contents page.

C ought to include more information.

このように、選択肢に目を通しチェックをすることで、まずどのような情報を聞き取ればいいのかが分かりやすくなります。ここでは、教授がケビンの論文についてどう思ったかとについての情報を聞き取る必要があると分かります。

また、それぞれの選択肢で教授が何を必要としているかの違いをチェックすることができれば、いざ英語を聞くときに細かい部分まで意識できるようになります。

これをするかどうかで、結果は大きく変わるでしょう。

スペルに気をつける

これはテクニックというよりも注意点です。

実際に自分自身、これまでのIELTSリスニングで100%綴りのミスをしています。

mudをmad、operationをopperation、emperorをempelor、lionsをlionesと書くなどレベルの低いミスをしています。リスニング問題が終わるたびに手応えがあるのですが7.0を超えないのはこれが一つの理由だと考えています

このようなミスをしないためにも日頃からスペルを意識して英語を読むことが重要です。

まとめ

IELTSのリスニングは、時間が30分と短いですし、英語を聞く前に問題文に目を通せるので個人的にはTOEFLよりも対策が簡単です。

やはり英語をしっかりと聞き取れなければならないので、練習を繰り返してリスニングに慣れることが重要です。それに加えて、解き方のテクニックを知っていればIELTSのスコアを上げることができるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です