オークランドの街並み

イギリス留学中にバイトを始める方法|アルバイトを探すためのおすすめサイト

現在私はイギリスのUniversity College London大学院で勉強しながら、ロンドンのスタートアップ企業でアルバイトをしています。

課題等で忙しいのですが金銭的な理由でバイトを始めました。もちろん海外の企業で働いたことがなかったので最初は自分にやっていけるかどうか不安でした。

しかし、バイトを初めてみると毎日楽しくなりました。様々な国から来た同僚たちとチームとして仕事をこなすことはいい経験になっています。

私がどのようにイギリスでバイトを始めたのか、イギリスで仕事を見つけるために便利なサイトについてまとめていきます。

イギリス留学中にバイトを見つける方法

オンラインで申し込む

以前の記事にも書きましたが私は、一学期の授業が終わりひと段落したタイミングで自分の経歴をindeedという求人サイトに登録しました。特に自分から仕事に申し込んだりはしなかったのですが登録して一週間も経たないうちにロンドンのスタートアップ企業から直接メールが届きました。

これはかなり特殊なケースだと思います。

一般的には日本と同じように自分で働きたい企業やお店に直接アルバイトを申し込む必要があります。直接申し込むとは言っても、会社に突然乗り込んでいくということではなく求人サイトを利用してオンラインで申し込みます。

イギリスでバイトを探すためにおすすめのサイト

簡単に求人を見つけられるサイトとして圧倒的に有名なものは、Linkedinです。直接、採用担当者とメッセージのやりとりができたり、仕事によってはボタンを押すだけで簡単に申し込みができます。また分が住んでいる場所やどのような仕事をしたいのかを登録していると、自分の希望にあった仕事を見つけて通知をしてくれます。また、Linkedinはただの求人サイトではなくFacebookのようなSNSに近いです。仕事を通してコミュニティーを気づくためにも便利なサービスとなっています。

私が利用したIndeedは、SNSのような使い方はできませんがバイトを見つけるだけならLinkedinよりも使いやすいかもしれません。

申し込みの際はCV(履歴書)を添付する

多くの場合、申し込みの際はサイトに登録した情報とは別にCV(履歴書)を作成して提出することが求められます。

私も、今働いている企業からメッセージをもらった時に簡単な履歴書を提出するように言われました。日本のようにコンビニで履歴書が打ているのではなく、自分でWordを使って作成します。いきなりCVをかけと言われてもどうすればいいのか分からないので、私はCVの作成に当たって、CV(履歴書)の書き方|ロンドン留学センターを参考にしました。実際にこの通りに書いて提出しましたが問題なく採用されたのでここに書いてある通りにCVを作成すれば問題はないでしょう。ぜひ参考にしてみてください。

人によっては、学歴を書く時にGBAがどれくらいだったかなどを詳しく書くようですが私は特別なことは何も書きませんでした。

申し込んだのに返信がないことも

私は、自分から申し込んだわけではないので経験していませんが、私のフラットメートはLinkedinを使っていくつかアルバイトに申し込んだのに全く相手から返信がなかったそうです。これは相手が確認していないから返信がこないのではなくCV(履歴書)や登録した経歴を見て、その仕事に適切ではないと判断されたために面接にすらたどり着けないからだと言われています。

一週間以上待っても返信がこない場合は、見切りをつけて他の仕事に申し込んだ方がいいでしょう。

まとめ

イギリスで留学をしながらアルバイトをすることはしんどいかもしれません。しかし、イギリスは就労ビザを取ることが難しい国なので、学生ビザで入国している間がイギリス働くための貴重なチャンスです。(学期中は週に20時間以上働けませんが)

この記事で紹介したLinkedinやindeedを使えば仕事を探すこと自体は簡単なので是非とも挑戦してみてください。

私のように何もしなくても連絡が来るということもあるので、経歴を登録するだけでもいいかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です