投稿者「Hans(ハンス)」のアーカイブ

Hans(ハンス) について

こんにちは!カナダの大学に留学していました。 9月からロンドンに行くことになっています。 英語の勉強方法やカナダ留学、オススメの本について書いています!! 好きな食べ物はあんことインドカレーです。

新しい教育スタイル「アンスクーリング」とは

最近、アンスクーリングという言葉をよく耳にします。

学校に行かずに親が子どもの探求を手助けする新しい教育の形として注目が高まっています。学校に行かせないと聞くと、「えっ?それで勉強できるの?」と考えてしまうのですが…アンスクーリングはこれまで学校でやっている勉強をしなくてもオッケーだという全く新しい価値観のもと成り立っています。

伊藤穰一氏による「教養としてのテクノロジー」の中でも、MIT メディアラボの研究員であるアンドレー・ウール氏が、アンスクーリングについて書いています。

アンスクーリングについて調べていると、これからテクノロジーの発展や社会の変化に伴って、アンスクーリングがより身近な選択になるのではなかと思うようになりました。 続きを読む

脳リミットのはずし方:自分の限界を超えろ!【感想と書評】

「人間の脳は数%しか使われていない」

映画「LUCY」では、10%ほどしか使われていない脳を20%、30%と使っていき超人的な能力を発揮するというものでした。

この人間が脳をほとんど使えていないということは本当かどうか分かりませんが、私たちは自らの潜在能力をフルに発揮できていないことはありえることです。

普段の生活では知らず知らずのうちに自分の限界を作るような言葉や出来事が溢れています。

LUCY」までは行かずとも、少しでも自分の限界を突破して、潜在能力を発揮することができればこれまで手の届きそうになかった目標をいとも簡単に達成することができるのではないでしょうか。

茂木健一郎氏による書籍「脳リミットのはずし方:自分の限界を超えろ!」では、私たちの能力を制限しているリミットとそのはずしかたについて書かれています。 続きを読む

be動詞の使い方|中学英文法の復習

当ブログで英語を話せるようになるためにシンプルな英語を使いこなすことが重要だと書いています。そのために中学レベルの文法を覚える必要があります。

be動詞は基本的な文法ですが、英語ができるようになるためにすごく大切です!

できる限りシンプルに説明してみます!! 続きを読む

「世界に1つだけの勉強法」の感想と書評|誰でも頭が良くなる!!

勉強をしようと思ってもやる気が出ないということはよくあることです。

特に試験勉強はやらなくてはと思っていてもなかなか取り掛かることができない。

また、結果が出るのかどうか分からないという不安を抱えながら勉強をしている人もいるのではないでしょうか。

ビリギャル」の著者である坪田信貴氏による書籍「どんな人でも頭が良くなる 世界に一つだけの勉強法」はぜひそのような人に読んでもらいたいおすすめ本です。

自分に最もあった勉強法を見つけるためだけではなく、自分の持つ可能性に気づかせてくれる一冊です。

続きを読む

韓国はどのように英語をレベルアップしたのか|国をあげて英語力を向上させた方法とは

前回の記事で、日本、韓国、中国のTOEFLの平均スコアが10年間でどれほど向上したのかについて触れました。

この10年で日本はTOEFLの平均スコアが6点あがり、中国は4点上がっていました。全体的にスコアはこの10年間で上昇していますが、その上昇の幅は異なります。

特に注目すべきは韓国で、10年間で12点も平均点が上がっています。現在はよく韓国人の英語力が向上しているという声すら耳にします。

10年でこれほど英語力がアップした理由はなんでしょうか。 続きを読む