スピーキング」カテゴリーアーカイブ

オークランドの夕焼けと海岸(ニュージーランド)

英語を勉強する時におすすめの本|プロフェッショナル・イングリッシュ

私は高校生のころ英語がとても苦手でした。英語を読んでも聞いても全く意味がわからず、テストではいつも赤点ギリギリでした。

大学入試の前に、根性で単語帳に乗っている英単語を全て覚えてなんとかセンター試験と2次試験を乗り越えることができたのですが英語が話せるということは全くありませんでした。

私は漠然と留学に行きたいと考えていたので英語の勉強は続けていたのですが、大学入試での成功体験から単語の暗記以外ほとんどしていませんでした。結果として、初めて受けたTOEFL iBtでは120点中40点…

スピーキングに関しては9点でした。

ここで今までの勉強方法ではダメだと思う英語の勉強法に関する本を読み始めたのですが、その中で自分の英語勉強に関する考え方を一気に変えてくれた本があります。

当記事では、英語を勉強するためにおすすめの本として、私が影響を受けた大前研一氏が監修するプロフェッショナル・イングリッシュを紹介します。

続きを読む

田舎道と青い空

英語の会話が苦手な人にオススメのTEDx Talk|相手に集中して英語を話す練習

私は、学部生のときカナダに留学していたのですが、そこで最も困ったことはスピーキングよりもリスニングです。もちろんスピーキングも苦労はしましたが、カナダに住み始めた最初の1ヶ月はネイティブスピーカーが何を話しているのか分かりませんでした。

リスニングの練習は日本にいる間にしていたのですが、それでもネイティブスピーカーたちが話す英語が速すぎて全くついていけずいつもパニックになっていました。

何度も聞き返したり、ゆっくり話すように頼んでなんとか会話を成立させていましたが、自分では英語は得意な方だと思っていたので相当にショックを受けました。

このままでは誰ともコミュニケーションが取れないという焦りから、リスニングができるようになりたいと思いYouTubeでTED Talkを毎日見て勉強していました。その時に見たMarianna PascalのLearning a language? Speak it like you’re playing a video gameは私の考え方を劇的に変えてくれました。

この動画を見たことで英語でコミュニケーションを取るコツをつかむことができましたし、リスニングが苦手だった自分の本当の問題を理解することができました。私と同じような経験をしている人いは是非ともチェックしていただきたいです。

続きを読む

英字新聞の上に置いてあるアヒルのおもちゃ

留学を目指す人にオンライン英会話をおすすめする理由|ディスカッションに慣れるための練習

私は、イギリスの大学院に留学するためにIELTSを受ける必要がありました。そこで目標点を取るためにDMM英会話を使ってスピーキングの練習をしていたのですが、そこでの練習がIELTSのスピーキングで7.0を取るために非常に役立ちました。

しかし、それだけではなく今思うとオンライン英会話で練習をしたことが大学院での授業においても生かされています。

続きを読む

英語を話すときに発音よりも大切な発声

カナダ留学の最初の1ヶ月はなかなか英語で会話をすることが難しく授業以外でもスピーキングやリスニングの練習に時間を使っていました。

そこから徐々に英語を話せるようになってきたので授業でも積極的に発言するようになったのですが、なんとなく自分の言っていることがあまりみんな通じていないように感じることがよくありました。

また、授業以外でクラスメートや教授と話していても自分が言ったことが一度では伝わらないということもよく経験しました。

最初のうちはその原因が自分の発音にあると考え、かなり発音を意識して話すようになりました。しかしそれでも伝わらないことがよくありました。

しかし、なかなか英語が伝わらなかった原因は発音が悪かったからではなく声が出ていなかったからです。

続きを読む

留学せずにできる日常英会話の練習法|流暢に英語を話せるようになる方法

僕が日本の大学に入学した頃は英語を全く話すことができませんでした。

センター試験や大学の2次試験では英語で割といい点を取ることができたので決して英語に苦手意識があったわけではありませんが、英語を話すことに関しては全く自信がありませんでした。

当時の自分は、どれだけ英語を勉強しても留学に行かない限り決して英語を話せるようにならないと考えていました。

しかし、今考えるとこれは全くの誤解です。

日常英会話レベルならある程度英語を勉強してきた人なら留学に行かなくてもすぐにできるようになるというのが僕の考えです。

今回の記事では、日常会話を英語ですらすらできるようになるための方法についてまとめていきます。

続きを読む

英語のスピーキング、リスニングに自信がない人が知っておくべき考え方

イギリスの大学院で授業が始まりすでに二週間が経ちました。基本的に授業は小グループやクラス全体でのディスカッションが中心に行われており、授業に参加している学生は活発に発言することが求められています。

私を含む留学生の中には英語を完璧に話せているわけでもないのにどんどんと発言してる人もいれば、最後まで何も発言しない人もいます。

私は大学生の頃にカナダに留学していた経験があるので、ある程度ディスカッション形式の授業には慣れています。カナダで授業を受け始めた頃は先生やクラスメートの言っていることが理解できず、自分のスピーキング、リスニング力に自信がなかったので思うように発言ができませんでした。

これは授業中だけではなく、普段の会話の中でも言えることです。

私は、英語ができるようになるためには可能な限り英語を使わなければならないと考えるようになっていたので、開き直ってどんどん話しかけていました。(これは社交的だったルームメートの影響ですが、詳しくはこちらの記事に書いています)

今回は、スピーキング、リスニング力に自信が持てずなかなか英語を話せない人に知ってもらいたい考え方について書いていきます。

続きを読む

青い空と穏やかな港にある船

IELTSのスピーキングテストで7.0を取るためにおすすめのオンライン英会話|DMM英会話

カナダから帰国してもうすぐ1年が経ちます。

日本に帰国すると英語を使う機会が一気に減り、日々自分の英語力が衰えて行くことを実感しました。(二週間も経てばもう自分のスピーキング力に自信が持てなくなりました)

今は、DMM英会話で毎日必ず英語を話しているので、カナダにいた当時のスピーキング力をキープできています。それだけではなく、今まで自分が知らなかった表現や単語を学びんだり、それらを実際に使えう練習ができています。5月ごろから始めたのですが、いまでは生活に欠かせないものになっていますしもっと早くから始めていればよかったと思っています。

DMM英会話はスピーキング力を上げるために効果的です。また、それだけではなくIELSTの対策にも長けたサービスです。私は、DMM英会話でIELTSのスピーキング対策を行なっているのですが、そこでの練習がスピーキングテストで7.0を取るために非常に役立ちます。

英語を話すことが得意な人でもそうではない人でも自分のスピーキング力を向上させるためにオススメのオンライン英会話サービスです。

今回の記事では、なぜDMM英会話がIELTSのスピーキング対策に役立つの理由をまとめていきます。

続きを読む

英検、IELTS、TOEFLのスピーキング対策に効果的な一人英会話

 

僕はカナダ留学に行く前にTOEFLを受けたのですが、スピーキングの対策はほとんどできませんでした。

なぜできなかったかというとやり方が分からなかったからです。当時の僕と同じようにどのようにスピーキング対策をすればいいのか分からない人は多いと思います。

当ブログでは、英語をスピーディーに話せるようになるための練習方法を何度か紹介してきました。

効果的だったスピーキング練習法|一人でできて英語が話せるようになる!

上記の記事で紹介している一人英会話は英語を話す基礎力を上げるために簡単かつ効果的な方法です。

今回の記事では、その一人英会話を使っていかに、英検やIELTSといった試験のスピーキング対策を行うかを説明していきます。 続きを読む

水平線に沈むオレンジ色の太陽

これまでIELTSを受けて分かったスピーキングスコア7.0を取るために気をつけるポイント

この5月からの2ヶ月で3回IELTSを受けました。イギリスの大学院に進学が決ったので日本を出発するまでになんとかスピーキングセクションで7.5以上を取りたいと思っていたのですが結局最後まで届きませんでした。

詳しく書くとその3回のスピーキングスコアは7.0→6.0→7.0だったのですが、初めて6.0をとりました。初めてIELTSを受験してから安定して7.0を取れていたのにスコアが6.0に下がり非常にショックでした。自分の中ではいつも通り話していたつもりだったので、IELTSの採点基準が曖昧なのではないかと疑いもしました。笑

しかし、スコアが下がった原因を分析して、それを踏まえた上でIELTSを受け直し再び7.0までスコアを戻すことができました。今回の記事では、スコアが下がった理由を考えて分かったIELTSのスピーキングを受ける際に注意しなくてはならない点についてまとめています。

これからIELTSを受験する方の参考になれば幸いです。

続きを読む

初受験でIELTS リーディングスコア7.5を取った勉強法|多読と単語の暗記を繰り返す

海外留学に行くためにIELTSを受験する人は多いのではないでしょうか。私は学部生のころカナダの大学に留学しましたが、そのときはTOEFLかIELTSのスコアを提出しなければなりませんでした。私は、試験会場が近いという理由でTOEFLを受けました。

私はカナダに留学してから、初めてIELTSを受験しましたがTOEFLよりも簡単に感じました。本当は留学前に受けたTOEFLを受けようとしたのですが、カナダではIELTSの方が主流で試験会場も大学のキャンパスの近くだったのでそちらを受けました。

大学の授業が忙しくほとんどIELTSの対策はできなかったのですが、初めて取ったスコアはOverall 6.5 (Listening 6.5 Reading 7.5 Writing 5.5 Speaking 7.0)でした。Writingは目も当てられませんが、IELTS NAVI アイエルツナビによるとIELTSのScore 6.5は、TOEFLの79~93点と同じレベルだそうです。

Writingは、IELTSで点数を取れる書き方というものがあるそうですが、全く知らなかったので自己流でとにかく書いてみた結果こうなりました。Writingに関しては、いかに事前に対策するかが重要ではないでしょうか。

しかし、Readingはあまり対策をせずに受けたもにも関わらず7.5を取ることができました。7.5はIELTS NAVI アイエルツナビのスコア表を元に計算するとおTOEFLのReading25~27点と同じレベルです。(留学前に受けていこうTOEFLは一度も受けた事がないので実際この点数を取れるかどうか分かりませんが)

今回は、私がIELTSを受験する前にどのようなリーディングの勉強をしていたのかまとめていきます。

続きを読む